マティスが好きな大学生の日常

ふつうの大学生のふつうの日常です。

ニーチェ『この人を見よ』Ⅱ

 ニーチェ『この人を見よ』を再読する。ブログで確認すると、初めて読んだのは 2017 年 3 月 1 日で、335 日前のこと。2 度目でも面白い。



 メモ。

 ……ところで人間の出来のよさは、根本的にはどこで見わけられるのか!出来のよい人間は、われわれに快楽をあたえてくれる。出来のよい人間は、堅いだけでなく、しなやかで、いい匂いのする木で彫られている。……悪い偶然を自分の都合のいいように利用する。……見るもの、聞くもの、経験するものすべてから、本能的に収集して合計し、自分の総体とする。出来のよい人間は、選択の原理であり、多くのものをふるい落とす。


 私は、どんなクマでも手なずけ、どんな道化者でも行儀よくさせる。


 ……私のあの『ツァラトゥストラ』は、孤独に捧げた頌歌である。あるいは……きれいであることに、純粋であることに捧げた頌歌てある。


 問題ではない問題を、私は考えたことなどない。……「神」、「魂の不滅」、「救い」、「彼岸」、これらは、私が注意を払ったこともなければ、時間を割いたこともない概念ばかりだ。


 壁を作って自分を守るということは、精神が妊娠したとき、本能が最初に見せる利口な方策なのだ。


 私の著作でしゃべっているのは、比類ない心理学者である。


 ……結局、私はスタンダールの格言を実行していたのだった。「世に出るには、決闘をもってせよ」……


 ……そのときこの思想がやってきた。……その前兆として、私の趣味が、とくに音楽の趣味が、突然、ものすごく深いところで変わっていたことに気づいた。もしかしたら『ツァラトゥストラ』は全編が音楽であると考えてもいいかもしれない。


 稲妻のように思想はひらめく。必然的に、ためらいなどなく。……私は選択などしたことがない。恍惚となるだけだ。


ニーチェ『この人を見よ ( 光文社古典新訳文庫 )』 - マティスが好きな大学生の日常


この人を見よ (光文社古典新訳文庫)

この人を見よ (光文社古典新訳文庫)