マティスが好きな大学生の日常

ふつうの大学生のふつうの日常です。

岡本太郎「すさまじい美学について」in『世界美術への道』

 凡質凡器ではあるんだけれど、生まれたままのそれではなく、ねりにねって修練されたあとの"凡"ですね。いったんアクぬけしたあとの"凡"、これが最高。」

ーーーーーーーー□


 岡本太郎 ( おかもとたろう )

 1911ー96年。父は漫画家・岡本一平、母は作家・岡本かの子。29年渡仏、抽象表現、シュルレアリスムの運動に参加。パリ大学民俗学、哲学を学び、バタイユらと活動を共にした。40年に帰国、42年中国戦線に出征。46年に復員後、花田清輝らと「夜の会」を結成し、アヴァンギャルド芸術を推進した。『今日の芸術』『日本の伝統』はベストセラーとなった。70年、大阪万博テーマ館のプロデューサーとして「太陽の塔」を制作。以後、テレビをはじめとするあらゆるメディアを通じて発言と行動をつづけた。


 すさまじい美学について。メモ。

「私はいわゆる民族的自覚とか、東洋人の血というような、素朴なつながりを意識したわけではない。かえって身近い日本芸術には、極めて稀な例をのぞいて、あの弱々しさ、薄っぺらさに、耐えられない嫌悪を感じてさえいたのだ。そしてこのむしろわれわれの民族の中には運命的に失われている、重厚で非情な、大陸の厖大な芸術の圧力に、ぞくぞくするほどのよろこびを、あつく強く身体全体に感じとったのである。」


「西洋美学の伝統を濃く受けつぎ、ふまえながら着々と確信し準備していたものは、そのようないわば超近代的な美学だったのである。」


ーー□ーーーー□