マティスが好きな大学生の日常

ふつうの大学生のふつうの日常です。

深谷賢治『数学者の視点』

 A が正則局所環なら任意の p ∈ Spec A について局所化 Ap は正則局所環である。』

ーーーーーーμ

深谷賢治『数学者の視点』。メモ。

 数学の研究を単調な作業の繰り返しにしてしまうことは、時として堕落でさえある。数学で発見にたどり着く道は、多くの場合、ありうる論理の糸を順番に一つずつ忍耐づよく試すことではなく、一番美しく魅力的でおもしろい糸を断固として求めていくことである。つまらなく感じられる研究は、放棄しなければならない。単調な作業をいとわない忍耐より、何もすることがなくなる恐怖に打ち勝つ勇気が要求される。そして何より大事なのは、つまらないことをつまらないと感じられる感性である。


 コンピュータが活躍する多くの分野には、何かいつも「深み」が欠けているように感じられた。コンピュータグラフィックスで描かれた素人でも楽しめるきれいな絵は、口当たりのよいコーラのような気がして、純粋数学の深遠な定理のヴィンテージワインのような深い味わいがなかった。


 ハイテク機器など使わない議論、森の中を散歩しながらの思索、美しさに対する感性を武器にした研究、これらの価値については一歩もゆずる気はない。


 何百年も解けなかった問題を解くのは素晴らしいことだが、筆者の(大きな)夢は何百年も解けない問題を提出すること、長い間数学者に夢を見させる材料を見いだすことである。


ーーーーーーμ


数学者の視点 (岩波科学ライブラリー)

数学者の視点 (岩波科学ライブラリー)