マティスが好きな大学生の日常

ふつうの大学生のふつうの日常です。

栗原将人『ガウスの数論世界をゆく 正多角形の作図から相互法則・数論幾何へ』

 栗原将人さんの『ガウスの数論世界をゆく』を買う。帯が邪魔だけど、加藤和也さんの推薦文が載っているので、メモをして、捨てる。


「数学は歴史を振り返ることでその本質が味わえるように思えます。この本は、整数論を切り開いた大数学者ガウスが何を考えたかを、現代整数論の重要分野である岩澤理論の世界第一線の研究者である著者が、しっかりと受け取り、わかりやすくたどる力作です。専門家も一般の人も楽しめる良書です。」



 あわせて志村五郎さんの言葉もメモ。


ガウスがやったからそのまねをしようというのはよい発想法ではない。現代には現代の考え方がある。」