マティスが好きな大学生の日常

ふつうの大学生のふつうの日常です。

栗原康『現代暴力論 「あばれる力」を取り戻す』

 副島さんのニーチェ本でおすすめされていた栗原康さんの『現代暴力論』を読む。

 すごくドライブ感のある本で、そしてわがままな本だった。著者の栗原さんはアナキストを研究しているらしい。

 アナキストは欲望の塊だ。あれもしたい、これもしたい。もっとわがままに。でも禁止されている。抑圧されている。監視、されている。駅を歩いているだけで警官に声をかけられた。職務質問。いやだ。かばんのなかを見せることぐらいあたりまえになっている。おかしい、さからいたい。もっと自由にいきたい。あばれたい。権力にあらがいたい。国家なんていらない。もっともっとあばれたい。暴力をふるいたい。暴力に、酔いたい。みんなで騒ぎたい。はたらかないで、たらふくたべたい。