マティスが好きな大学生の日常

ふつうの大学生のふつうの日常です。

ニーチェ『この人を見よ ( 光文社古典新訳文庫 )』

 ニーチェ『この人を見よ――人はどのようにして自分になるか』メモ。

【目次】
◎なぜ私はこんなに賢いのか
◎なぜ私はこんなに利口なのか
◎なぜ私はこんなに良い本を書くのか
◎なぜ私は運命であるのか




【抜き書き】

●私の使命は大きく、私の同時代人たちは小さい。そのアンバランスのせいで、私の言葉には耳も傾けられず、私の存在すら認められていない始末なのだ。私は誰からも借金をせず、自分の資金だけで生きているのに。


●私は、たとえば、こけおどしの張り子の虎などではない!


●誤りとは、盲目のことではない。誤りとは、臆病のことなのだ。認識における成果と前進はすべて、勇気から生まれる。自分に対する厳しさから生まれる。自分に対する清潔さから生まれる。


●嵐をもたらすのは、もっとも静かな声だ。鳩の足で歩いてくる思想が、世界を動かす。


●私はしゃべり方が違うだけでなく、人間が違うのだ。


●もしも私がなにかの達人になったのなら、それはパースペクティブを切り替えること、価値を切り替えること、これである。


●私には理解できないことだが、ユリウス・カエサルが私の父であるかもしれない。


●私が無神論に親しんでいるのは、考えた結果では絶対にない。ましてや出来事として経験したわけでもない。私の本能では無神論は当然なのだ。私はあまりにも好奇心が強く、あまりにも質問するのが好きで、あまりにも傲慢なので、大雑把な答えに満足できないのだ。神というのは、大雑把な答えである。われわれ考える人間にとっては、まずい料理である。


●選び抜かれた耳の持ち主に、ひとこと言っておこう。私がそもそも音楽に何を望んでいるか。10月の午後のように、晴れやかで、深いこと。自分をもっていて、奔放で、優しいこと。卑劣だが優雅で、小柄の可愛い女であること。


ショパンを残せるなら、ほかの音楽は全部捨ててもいい。


●私には涙と音楽の区別がつかない。


●私はもう言葉などではなく、稲妻でしゃべるような高みにいる。


●哲学者とは、すべてを危険にさらす爆薬だ。


●私の書くものは、道徳の頭上をダンスしながら越えていく。


この人を見よ (光文社古典新訳文庫)

この人を見よ (光文社古典新訳文庫)