読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マティスが好きな大学生の日常

ふつうの大学生のふつうの日常です。

フーコー『Arch. Sav.』についてのメモ。

『フーコー・コレクション 5 性・真理』の編者解説に書いてある話。 『言葉と物』を書き終えたフーコーは自分自身に向けて「方法序説」を書いた。1966年か1967年の夏チュニジアでの休暇中に数週間で書き下ろされた。全体で335頁。A4のタイプ用箋にブルー・ブ…

ニーチェ『この人を見よ ( 光文社古典新訳文庫 )』

ニーチェ『この人を見よ――人はどのようにして自分になるか』メモ。【目次】 ◎なぜ私はこんなに賢いのか ◎なぜ私はこんなに利口なのか ◎なぜ私はこんなに良い本を書くのか ◎なぜ私は運命であるのか 【抜き書き】●私の使命は大きく、私の同時代人たちは小さい…

大澤真幸『不可能性の時代』

大澤真幸『不可能性の時代』メモ。 1997年に起きた、神戸市須磨区での連続児童殺傷事件。犯人は、犯行声明を通じて、自らを「酒鬼薔薇聖斗」と名乗った。彼は14歳だった。彼は犯行日記とも呼ぶべき手記を書いており、それによると一連の犯行は「バモイドオキ…

猫と量子が見ている。宇宙が美しいのではない、宇宙を黒板にチョークで書けることが美しいのだ。

松岡正剛さんの千夜千冊を本で読みたいけど、買うのは大変だな。学校の図書館で借りようと思ったけど、置いてなかった。 調べてみたら経堂図書館に置いてあることがわかった。近いからさっそく行ってみよう。 経堂図書館に着いて驚いた。やたらとコンビニエ…

野口悠紀雄『知の進化論 百科全書・グーグル・人工知能』をよむ。

12時5分。起床。今日から春休み。いつもより遅くめざめる。とりあえず、机の上に置いてあった野口悠紀雄『知の進化論 百科全書・グーグル・人工知能』をよむ。 12時31分。読み終える。呆れるほどつまらない。使っている知識は凡庸。分析は見当はずればかり。…

フェデラー、ナダル、ドゥルーズ。

明日で試験期間が終わる。そしてプルーストのように長い春休みが始まる。終わっては始まり、始まっては終わる。 私は今までに、終わりのない始まりを見たことがない。 試験期間は、朝と昼は勉強して夜はテニスを見ていた。フェデラーとナダルの決勝戦が見た…

ミシェル・フーコーについて。

「人間は日付よりも動作や笑い声を鮮明に記憶しているものです。」 ドゥルーズの『記号と事件』に納められたミシェル・フーコーについてのインタビューをよむ。 「フーコーが、あの強烈で謎めいた人格をもって存在するということ、そしてあれだけの文体を駆…

セドリック・ヴィラーニ『定理が生まれる 天才数学者の思索と生活』

セドリック・ヴィラーニ。数学における私のヒーロー。 数学と物理学を新しい感覚で融合させた人。 今日は、久しぶりに『定理が生まれる 天才数学者の思索と生活』を読む。34ページに載っている、2008年4月19日のメモを見ていて涙がでそうになる。これは、ダ…

冨田恭彦『ローティ 連帯と自己超克の思想』

ローティについてのメモ 12歳ローティは12歳のとき、社会的不正義と戦って生きていくのが人間なのだと知った。まとまな大人はみな、トロツキストか社会主義者だった。 13歳はじめて哲学書を読んだ。プラトンとニーチェ。図書館の本を全部読む必要はないかも…

佐藤優『ゼロからわかるキリスト教』の感想

宗教批判の根本は、 人間が宗教を作るのであって、 宗教が人間を作るのではないということである。宗教という倒錯した世界意識を生みだすのは、 この国家、この社会が倒錯した世界だからである。 『ゼロからわかるキリスト教』は佐藤優が、マルクスの『ヘー…

『ゆかいな仏教』を読んで。

試験が終わったので、数学以外の本も読みたいなと思って。 今日読んだのは橋爪さんと大澤さんの共著『ゆかいな仏教』です。 仏教の、宗教の、本質を掴み出し、飾らない言葉で説明したところも魅力的でしたが、私が楽しかったのは時々ででくる数学用語による…

常微分方程式の勉強。

明日から試験がはじまります。 今日は矢嶋信男さんの「常微分方程式」で微分方程式の勉強をしていました。 定義・定理・証明のスタイルで書かれていないので、とても読みやすい本です。 それぞれの方程式の解法は一通り理解したのですが、具体的な方程式を出…

マティスについて

今日は「マティスの切り絵と挿絵の世界」という本を読んでいました。 題名のまんまですが、マティスの切り絵と挿絵の作品が載っています。 マティスの切り絵作品を見ていると、こんな情景が浮かんできます。たとえば天国に学校があって、図工の時間に先生か…

昔住んでいた家のこと。

以前暮らしていた場所のことを、何かにつけふと思い出す。どんな家に住んでいたか、近辺にどんなものがあったか、そんなことを。 今日も思い出していた。 たとえばゴシック風の土台の上にバロック風の家が建った、変な家が多かった場所のことを。 一部屋しか…

ブログをはじめました

ブログをはじめることにしました。 まずは、自己紹介を。 私立大学に通う大学2年生です。専攻は数学です。高校生までは、小説を読むのが好きなセンチメンタルな人間だったのだけど、ある日、突然数学が好きになってしまいました。このことについてもいつか書…