マティスが好きな大学生の日常

ふつうの大学生のふつうの日常です。

副島隆彦『余剰の時代』

 副島隆彦さんの言っていることは一貫していないと思うことが多かったけど『余剰の時代』を読んで、副島さんは一貫していると思い直した。

 副島さんはとにかく疑っているのだ。例えば、権力者の言うことは疑う ( なぜなら彼らは騙そうとしているから ) 。ふつうの人々が言うことも疑う ( なぜなら彼らは騙されているから ) 。本書にはこんな記述がある。「注意しなさい、用心しなさい、警戒しなさい、疑いなさい」。

 『余剰の時代』では、題名からは分からないが、楽観主義と悲観主義をめぐる壮大な思想史が展開されている。そしてライプニッツやルソーの楽観主義が批判され、ヴォルテールニーチェの悲観主義が肯定される。世の中、甘くないんだ。( ヴォルテール )

町山智浩『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』

 町山智浩『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』を読んだ。無邪気な文体でわりと重いアメリカの話がレポートされているコラム集。コラムのタイトルをいくつか抜き出してみる。

「子供にブッシュを拝ませる洗脳キャンプ」
「9・11はホモなアメリカへの神罰!」 
「アメリカは拷問までアウトソーシング
「ウォルマート、激安の代償」
魔女狩り連合軍と戦った3人の歌姫」
「アメリカの時代は終わるのか」


 2006年から'08年夏までに書かれたコラム集なので古い話が多いけどすごく面白かった。最近はどうなっているのかしら。

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない (文春文庫)

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない (文春文庫)

中村元『古代インド』

 ものすごくまじめなインド史の本。インドについておもしろい話がたくさん書いてあった。例えば、インドの婦人たちは、ものを考えるとき、片足をかける習慣があり、またかゆいところをかくようなしぐさをする、という話から仏教図像が読み解かれたりする。


 実証的な記述をしようと努めているところに好感を感じたけど、例えば、釈迦やインド美術の話をするときに著者のテンションが上がっているところに、さらに好感を感じた。


 ネパール仏教と日本仏教の類似の話が気になった。


古代インド (講談社学術文庫)

古代インド (講談社学術文庫)

栗原康『死してなお踊れ 一遍上人伝』

 栗原康さんの『死してなお踊れ』を読んだ。帯に瀬戸内寂聴さんと朝井リョウさんの文が載っている。


瀬戸内寂聴
「躍り狂うほど、民衆を熱狂させた、一遍上人の稀有な魅力を、瑞々しい栗原さんの新鮮な文体で描いた最高に魅力的な力作!」


朝井リョウ
「栗原康の言葉を通せば、教科書の中のあの人もこの人もまるで旧知の悪友のよう。一遍と踊りたい、朝まで、床が抜けるまで!」


 この2つの推薦文のとおりの本だった。文体がおもしろい。いくぜ極楽、なんどでも。うたえ、念仏ナムナム、踊れピョンピョン。常識なんて、関係ないね。救われちまいな。

 特にあとがきがよかった。空也上人、マジ最高。


死してなお踊れ: 一遍上人伝

死してなお踊れ: 一遍上人伝

アルフォースの『複素解析』を買う。

 アルフォースの『複素解析』を買った。古本屋さんで見つけて、目次みたら面白そうだったから、買った。4000円。


ラース・ヴァレリアン・アールフォルス - Wikipedia


Lars V. Ahlfors
『COMPLEX ANALYSIS』

Contents

chapter 1 complex numbers
1 the algebra of complex numbers
1.1 arithmetic operations
1.2 square roots
1.3 justification
1.4 conjugation, absolute value
1.5 inequalities
2 the geometric representation of complex numbers
2.1 geometric addition and multiplication
2.2 the binomial equation
2.3 analytic geomety
2.4 the spherical representation

chapter 2 complex functions
1 introduction to the concept of analytic function
1.1 limits and continuity
1.2 analytic functions
1.3 polynomials
1.4 rational functions
2 elementary theory of power series
2.1 sequences
2.2 series
2.3 uniform convergence
2.4 power series
2.5 abel's limit theorem
3 the exponential and trigonometric functions
3.1 the exponential
3.2 the trigonometric functions
3.3 the periodicity
3.4 the logarithm

chapter 3 analytic functions as mapping
1 elementary point set topology
1.1 sets and elements
1.2 metric spaces
1.3 connectedness
1.4 compactness
1.5 continuous functions
1.6 topological spsces
2 conformality
2.1 arcs and closed curves
2.2 analytic functions in regions
2.3 conformal mapping
2.4 length and area
3 linear transformations
3.1 the linear group
3.2 the cross ratio
3.3 symmetry
3.4 oriented circles
3.5 families of circles
4 elementary conformal mappings
4.1 the use of level curves
4.2 a survey of elementary mappings
4.3 elementary reimann surfaces

chapter 4 complex integration
1 fundamental theorems
1.1 line integrals
1.2 rectifiable arcs
1.3 line integrals ad functions of arcs
1.4 cauchy's theorem for a rectangle
1.5 cauchy's theorem in a disk
2 cauchy's integral formula
2.1 the index of a point with respect to a closed curve
2.2 the integral formula
2.3 higher derivatives
3 local properties of analytical functions
3.1 removable singularities. taylor's theorem
3.2 zeros and poles
3.3 the local mapping
3.4 the maximum principle
4 the general form of cauchy's theorem
4.1 chains and cycles
4.2 simple connectivity
4.3 homology
4.4 the general statement of cauchy's theorem
4.5 proof of cauchy's theorem
4.6 locally exact differentials
4.7 multiply connected regions
5 the caluculus of residues
5.1 the residue theorem
5.2 the argument principle
5.3 evaluation of definite integrals
6 harmonic functions
6.1 definition and basic properties
6.2 the mean-value property
6.3 poisson's formula
6.4 schwarz's theorem
6.5 the reflection principle

chapter 5 series and product drvelopments
1 power series expansions
1.1 weierstrass's theorem
1.2 the taylor series
1.3 the laurent series
2 partial fractions and factorization
2.1 partial fractions
2.2 infinite products
2.3 canonical products
2.4 the gamma function
2.5 stirling's formula
3 entire functions
3.1 jensen's formula
3.2 hadamard's theorem
4 the reimann zeta function
4.1 the product development
4.2 extension of ζ(s) to the whole plane
4.3 the functional equation
4.4 the zeros of the zeta function
5 normal families
5.1 equicontinuity
5.2 normality and compactness
5.3 arzela's theorem
5.4 families of analytic functions
5.5 the classical definition

chapter 6 conformal mapping. dirichlet's problem
1 the families mapping theorem
1.1 statement and proof
1.2 boundary behavior
1.3 use of the reflection principle
1.4 analytic arcs
2 conformal mapping of polygons
2.1 the behavior at an angle
2.2 the schwarz-christoffel formula
2.3 mapping on a rectangle
2.4 the triagle functions of schwarz
3 a closer look at harmonic functions
3.1 functions with the mean-value property
3.2 harnack's principle
4 the dirichlet problem
4.1 subharmonic functions
4.2 solution of dirichlet's problem
5 canonical mapping of maltiply connected regions
5.1 harmonic measures
5.2 green's function
5.3 parallel slit regions

chapter 7 elliptic functions
1 simply periodic functions
1.1 representation by exponentials
1.2 the fourier development
1.3 functions of finite order
2 doubly periodic functions
2.1 the priod module
2.2 unimodular transformations
2.3 than canonical basis
2.4 general properties of elliptic functions
3 the weierstrass theory
3.1 the weierstrass ρ-function
3.2 the functions ζ(z) and σ(z)
3.3 differential equation
3.4 the modular function λ(τ)
3.5 the conformal mapping λ(τ)

chapter 8 global analytic functions
1 analytic continuation
1.1 the weierstrass theory
1.2 germs and sheaves
1.3 sections and reimann surfaces
1.4 analytic continuations along arcs
1.5 homotopic curves
1.6 the monodoromy theorem
1.7 branch points
2 algebraic functions
2.1 the resultant of two polynomials
2.2 definition and properties of algebraic functions
2.3 behavior at the critical points
3 picard's theorem
3.1 lacunary values
4 linear differential equation
4.1 ordinary points
4.2 regular singular points
4.3 solutions at infinity
4.4 the hypergeometric differential equqtion
4.5 reimann's point of view


Complex Analysis

Complex Analysis

栗原康『現代暴力論 「あばれる力」を取り戻す』

 副島さんのニーチェ本でおすすめされていた栗原康さんの『現代暴力論』を読む。

 すごくドライブ感のある本で、そしてわがままな本だった。著者の栗原さんはアナキストを研究しているらしい。

 アナキストは欲望の塊だ。あれもしたい、これもしたい。もっとわがままに。でも禁止されている。抑圧されている。監視、されている。駅を歩いているだけで警官に声をかけられた。職務質問。いやだ。かばんのなかを見せることぐらいあたりまえになっている。おかしい、さからいたい。もっと自由にいきたい。あばれたい。権力にあらがいたい。国家なんていらない。もっともっとあばれたい。暴力をふるいたい。暴力に、酔いたい。みんなで騒ぎたい。はたらかないで、たらふくたべたい。


副島隆彦『ニーチェに学ぶ「奴隷をやめて反逆せよ!」まず知識・思想から』

 副島隆彦さんの『ニーチェに学ぶ「奴隷をやめて反逆せよ!」まず知識・思想から』を読んだ。


 ヒエロニムス・ボッシュの「この人を、見よ」、クリストフォロ・デ・プレディスの「天球について」、チュニジアのモザイク画、ジョン・コリア、などの画をニーチェ思想を理解する上で重視しているのが面白いとおもった。


ニーチェ『この人を見よ ( 光文社古典新訳文庫 )』 - マティスが好きな大学生の日常



ニーチェに学ぶ「奴隷をやめて反逆せよ! 」―まず知識・思想から

ニーチェに学ぶ「奴隷をやめて反逆せよ! 」―まず知識・思想から